スイーツ業界について

トランス脂肪酸とは?

農林水産省のHPにも出ております。  

こちら!

  ただ、ここを見ても良くわからないと思います。

 

よって、なぜトランス脂肪酸が問題となったのか? こちらを説明していきます。

どのような形で問題になったのか?

「アメリカでトランス脂肪酸が心臓病のリスクを高めるといって問題になった!日本ではどうなのか?」

  こういうことです。

実際、トランス脂肪酸が心臓病の原因ということでは、今のところ確定ではありません。

メディアが中途半端に情報を与えたため、

トランス脂肪酸=悪 

 

という誤解を与えてしまっています。

 

実際に、「お前の会社は、マーガリンを使用しているからタバコと同じだ!毒を作るな!」 とお電話とか手紙もいただいたこともあります。  

トランス脂肪酸とは?

 

トランス脂肪酸を簡単に説明すると

「マーガリン」や「ショートニング」を作るときに一緒にできるもの。

こう思ってください。

そのトランス脂肪酸が、なぜアメリカで問題になり、日本で問題になっていなく、日本政府が何もしていないのか。

 

心臓病のリスクが高まるかもしれないのに・・・  

本当にトランス脂肪酸が悪ならば日本という国は対策をすぐに打ちます。私は、日本が一番「食べ物」において1番安心できる国」だと思っています。

  ではなぜ、アメリカは「トランス脂肪酸がダメで、日本はいいの?」にもどります。

 

  簡単に書くと、

アメリカ人肥満たくさん→肥満の理由は油脂やショートニングばかり食べているから→油もの辞めようよ→肥満は改善されず→実は油脂やショートニングには心臓病を起こすかもしれないものが入っているよ!

 

油ものを食べなくなると肥満防止につながるのでは?と考えたのでしょう。

 

こういう感じです。 

 

確かにトランス脂肪酸をとりすぎると心臓病のリスクが高まるという研究結果が出ていますが、恐ろしいくらい摂取しないといけない。  

それはとても食べきれない量です。

もし、それだけ食べるならば、恐ろしい体重になっている。  

トランス脂肪酸の取りすぎを止めよう!と言って→肥満をなくそうとしたから!
 

トランス脂肪酸の補足

 

今の日本にある油脂はほとんど 「低トランス脂肪酸の商品です。よって、ほとんどトランス脂肪酸が入っておりません」  

 

私も低トランスでない原料はすべて低トランス原料に変更しました。  

国がきちんと言わなかったため、メディアが面白おかしく発表したため、困惑したから変更せざるしかなかったのです。 

だから、こういうクレーマーが生まれます。    

 

クレーマー
クレーマー
マーガリンなんか使うから、トランス脂肪酸が入っている!バターを使え!」

 

ロビン
ロビン
今の時代、バターのほうが、トランス脂肪酸多いですよ。牛乳にも入っていますよ。

 

 こういうと、お客様は途端に黙ります。

 

そして農林水産省のHPをご覧になり、消費者庁に一度お電話してください、と伝えます。  

 

(なぜこういう人は、国が認可しているのだから、国に文句を言わず、メーカーに怒ってくるのだろう?さらに、質問したいのですがよろしいでしょうかと優しい口調ならば良いのですが、100%ケンカ腰なのはなぜだろう?)  

 

ここで補足すると、トランス脂肪酸と言ってもいろんな種類があるわけです。

 

バターに入っているトランス脂肪酸、牛乳に入っているトランス脂肪酸、マーガリンに入っているトランス脂肪酸、種類が違う可能性があります。 

 

どのトランス脂肪酸が悪いとは、正確に言うとわからないのです。

 

とりすぎないのは、良いと思いますが、心臓に負担をかける前に痩せようということですね。

 

 

結論

アメリカでは、肥満防止のためにトランス脂肪酸を悪にしただけ。

(本当に悪かもしれませんが・・・多量摂取しない限り大丈夫)

 

日本は、その情報をメディアが面白おかしく伝えたため、こうなった。  

トランス脂肪酸は悪だ!と書いたほうが、その媒体は売れますからね。

またぎりぎりウソは書いていなく、不安を募らせるだけ募らせて、答えを書かず逃げる。

ちなみに、この手の話はたくさんあります。

そのせいで、またある原料が使えなくなります。

それもちょくちょく書いていきますね。  

 

以上、お読みいただきありがとうございました。