スイーツ業界について

買ってはいけない!?スイーツお土産の特徴とは?

ロビン
ロビン
お土産ってもらうと、うれしいですよね

 

最近は、みんなに配るというよりかは、自分用に買って帰る人を多く見かけるお土産コーナー。

 

男性の口コミ
男性の口コミ
このお土産おいしくないよね?

 

と思っても、人からもらったものに文句は言えないですよね。

 

 

女性の口コミ
女性の口コミ
渡したお土産は喜んでくれたかな?

 

普通、自分で食べないからわかりませんね! だから、普通に無難な有名なお菓子を買ってしまう・・・ しかし!新商品も食べてみたい!

ということで、今回は、 買ってはいけない!?スイーツお土産の特徴とは?

 

焼き菓子(常温品)というくくりになります。

 

どうぞ!

OO産OO入りスイーツお土産

 

○○県産メロン果汁配合クッキー

(適当に書いたけど、絶対あるな・・・)

こういう商品ですね。

○○県はなんとメロンの産地!○○メロンは最高です。 

しかし、スイーツお土産になると途端に・・・ なぜか?

焼菓子(常温のお菓子のこと)に果汁を入れても味や香りがつかないから

 

女性
女性
え!しかしメロンの味するよ?

それは、香料プラス甘いから勘違いしているのです。

焼き菓子を作る場合、ベース生地に香料やペーストを入れます。

 

イメージとして、

クッキー(ベース生地) + メロン香料 =メロンクッキー こんな感じです。

この香料がすごいんです!焼いても香り残りますし、何日経っても香りが落ちにくい!

 

 果汁は味や香りがほとんどつかない。

よって果汁入りは、危険。 

よって、OO果汁入りは、ほとんど香料でゴマカシテイマス・・・

 

ちなみにお土産なんでしょうがないですが、産地をうたい文句にしているものは ほとんどそうだと思ってください。

しかしですよ!

山梨県に行きました。お土産は?

有名なのは「信玄餅」ですよね。

 

東京のお土産といえば「東京バナナ」

福岡のお土産といえば「とおりもん」

あれ?産地関係は入ってないですよね?

 

なんとなくわかりましたか?

 

売れているスイーツお土産は、単純に美味しい  

包装紙で包装されているスイーツお土産

 

包装紙で包装されているほうが、気持ちが入っているのでは?  

その包装紙を破ると、だいたい白箱無地が出てきます。

つまり、包装紙だけ変えて作っているのです!  

中身は一緒で、山口県で販売するときは、  

「山口県名物クッキー」という包装紙で包む。  

大阪で販売するときは、 「大阪名物クッキー」という包装紙で包む。

 

化粧箱や中身は同じで、包装紙だけ変えて値段を安くしようという考え。

 

こうなると美味しさは関係なくなり、失敗する可能性が高いですよね。

 

最近は、巧妙になっていて、 「山口県名物クッキー」の「山口県」が大きいシールになっていて、そこだけ張り替えるバージョンも出てきました。

 

そのシールが金ピカでデザインだと思ってしまう。  

 

一番わかりやすいのは、「OOに行ってきました!」などのシリーズですね。    

最後に・・・スイーツお土産の豆知識

 

このように、ちょっと見るだけで失敗しないスイーツお土産探しができます。

 

では、豆知識を。

われわれは関東でスイーツを作ってますが、全国のスイーツ土産を造っています。

 

東京の男性
東京の男性
この前、北海道旅行に行ってきたので、北海道お土産をあげるよ!

そのお土産、本当に北海道で作ったの?

東京で作っている可能性もありますよーーーー。

 

大阪のスイーツお土産を東京の会社が考えて、東京の工場で作るなんて日常茶飯事!

 

今年のゴールデンウイークは長期なので、旅行に行きやすいですね!

 

くれぐれも失敗しないよう、気をつけてくださいね!

 

では、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ロビン