スイーツの秘密

スイーツの不思議 なぜ日本人は安いチョコレートのほうが美味しいと思うのか?

 

ロビン
ロビン
チョコレート大好き!
 

 

甘いもの好きな人は、チョコレート大好きですよね!  

 

早速ですが、私に良く質問がくるのです。

 

1粒500円とかするチョコレートあるじゃないですか!

高いのに、あんまり美味しくない!

板チョコの明O(もちろん伏字)チョコレートのほうが美味しい!

ブラックサン○ー(もちろん伏字)のほうが美味しい!

みんな集団催眠にかかっているのでは!

10人に質問したら6人ぐらいこの答えが・・・

 

ちなみに、あの1粒500円ぐらいするチョコレートは、

「ボンボンショコラ」

というので、憶えてくださいね!  

あまりにも、この声が多いので、記事にしてみました!  

 

そのまえに、スイーツの味の基準など基本を書きますね。

パティシエ界のスイーツの味覚の基準

 

  まず、スイーツの味覚の基準とは、 簡単に書くと、  

個人の主観でなく、パティスリー業界のみんなが美味しい!という基準

 

以前の記事に書いたように、クッキーでいうの味覚の基準は、

 

  低温度でじっくり焼成して、味は苦くないけど、黒くなって、小麦の香りが引き立つのが美味しい!  

 

こんな感じです。

 

つまり、ほろほろ食感のクッキーが良いとか悪いとかではなく、

これがクッキー基準というもの。

 

これは、パティシエ界の常識です。

パティシエ界のチョコレートの味覚の基準

 

パティシエ界のチョコレートの味覚の基準は、これ!

口溶けが良く、カカオの香りが高いチョコレート

  これが、今日言いたいこと!

 

  もうちょっと詳しく書きます。

  「口溶け」

 

「カカオの薫り高い」

 

この2つがキーワードになります。

チョコレートの口溶けとは?

 

これは、字を読んでごとく、

 

口に入れた時、滑らかに溶けるか?

 

になります。  

 

ザラザラしていないかということと、口の中で溶けるというのは、

口の温度で溶ける、つまり、

 

「チョコレートの融点(どの温度で溶けるか?)が低い」

 

これが、ポイントになります。

 

どうやったら、口溶けが良いチョコレートになるの?

 

これは、チョコレートの製法になり長くなるので、いつかチョコレートの作り方など書いていきたいと思います。 

 

今回は、口溶けの良いチョコレートが美味しいの基準と憶えてください。

カカオの香りが高いって?

 

これは、香りなので説明がしずらいので申し訳ないのですが、

 

言葉で表すと 「ちょっと苦い香り」っぽい。

 

カカオニブを(カカオを砕いたもの)を食べたときの香り・・・

 

ビターチョコレートの香り・・・  

 

板チョコレートでは、あまり感じません。

 

単純に、「ほろ苦い香り」と憶えて下さい。

答え合わせ

 

この口溶けの良さとカカオの香り高いチョコレートが 

 

パティシエ(ショコラティエ)界で、美味しいとされるわけです。 

 

では、なぜ皆さんは、板チョコやブラックサン○ーが美味しいと感じられるのか?  

 

板チョコレート美味しいじゃん!

まず、カカオは高いので、100円ぐらいの板チョコレートには、たくさん入れることは出来ません。  

 

しかし、日本のスイーツメーカーは、なんとか美味しいチョコレートを作ろうと、

滑らかさには努力しました。  

 

つまり製法ですね。

板チョコを作るために工場は、

 

チョコレートを溶かす→ローラーに通す→またローラーに通す

 

というのを何回もします。  

そうやって、日本の板チョコは、本当に滑らかです。

(ちなみに、夏のチョコレートと冬のチョコレートは融点(溶ける温度)が違うため、

冬のチョコレートのほうが美味しいなど豆知識もありますが・・・今回はあまり関係ない)

 

ブラックサン○ー美味しいじゃん!

 

あれもよく出来た商品です。

しかし、あれはチョコレートではなく、「準チョコレート」を使用しています。

 

簡単に書くと チョコレートは高いから、もっとカカオ分の低いチョコレートの準チョコレートを使用しているわけ。

 

チョコレート感を出すためにカカオではなく、チョコレート香料がたくさん入っています。  

なんとなく、今回の答えわかりました?

 

この2つは小さいときから食べてませんでしたか?

 

なぜ、高級なチョコレートより、安いチョコレートのほうが好きなのか!

 
パティシエ界で美味しいとされているチョコレートの味覚基準と、日本人が昔から食べているチョコレートの味覚基準が大きくズレているため!
 
 

つまり、パティシエ界で美味しいとされているチョコレートと、みなさんが子供のときから食べているチョコレートの味が違い過ぎるのです!

 

子供の時の味覚って本当に大事なんです! 

 

だから、ボンボンショコラなど高級なチョコレートは、昔から食べてないから、口に合わないというより、板チョコがチョコレートであり、ブラックサン○ーがチョコレートと認識して育ったからです。

 

同じような現象として、子供のときから「ハ○ス バー○ントカレー」で育った人は、

香りにクセがある「S&○ ゴー○デンカレー」を食べることができない!  

 

逆ももちろんあり!

 

それで、夫婦喧嘩して、わが家に避難してきた友達がいます・・・

 

 

  以上、最後までお読み頂きありがとうございました!  

 

ロビンより